カロリーだけ見てもダイエットは成功しない。

こんにちは。

ウエスト引き締め・ダイエット専門
パーソナルトレーナー/加圧トレーニングインストラクターの赤木です。

ダイエットと聞くと=カロリー制限とだと真っ先に考えてしまいますよね?

私の所にパーソナルトレーニングを受けに来られる方もお食事の話になると

「カロリーをどれくらいに控えたらいいですか?」

「1日のカロリーを計算して食べています。」

と言われる方も多く、やはりダイエットというとカロリーをコントロールするという事と捉えがちです。

ですが、カロリーばかり見てもダイエットする上ではあまり上手くいかないんです。

運動をせっかく頑張って、カロリーだけを見て食事制限してもまったく痩せない事もありますし。

痩せたはいいけど身体の調子は悪く、引き締まったというよりはやつれた?

というような事もありえます。

カロリーがある栄養素というのは、たんぱく質、炭水化物、脂質のこの3つです。

同じカロリーだったとしてもそれぞれのカラダに果たす役割は異なってきます。

お肌や爪、髪になるもの
カラダを動かすエネルギーになるもの
脳のエネルギーになるもの
ホルモンや免疫に作用するもの

などなど…

それぞれの栄養素にはそれぞれの役割があります。

例えば、炭水化物の多いお菓子で500キロカロリー食べるのと、たんぱく質・脂質の多いステーキで500キロカロリー食べるのとでは身体の変化は全く違うものになるという事です。

美容と健康・ダイエットにはカロリーを見るのではなく、どの栄養素が必要で、どの栄養素をコントロールすれば脂肪が落ちるのかを理解する事が大事です。

もしあなたがジムで

単に「カロリーを控えめにして下さいね。」

というだけのアドバイスを受けて運動しているとしたなら上手くいかないかもしれません。

トレーニングに加えて、ちゃんとした栄養指導を行える指導者につく事をオススメします。

この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエット専門パーソナルトレーナー
赤木 創 (あかぎはじめ)
指導歴10年以上、のべ5000人以上のカラダのつくりをサポート。エステやサプリメントなどあらゆる方法を試したけれど変化のでない女性に対して、世の中の情報に惑わされないカラダのしくみに沿った栄養アドバイスと女性でも取り組める筋トレ指導で多くの女性の悩みを解決している。
→詳しいプロフィールはコチラ

赤木創