筋トレは自己流では、なかなか上手くいかない。

こんにちは
大阪の守口市、茨木市、吹田市、枚方市を中心にダイエット・くびれ作りのパーソナルトレーニングを提供している赤木です。

近年、筋トレをする女性が多くなってきましたよね。

一昔前はジムではランニングやヨガなどが流行っていましたが、男性ばかりだった筋トレエリアも女性が増えてきました。

また、YouTubeやInstagramでも筋トレの動画などがたくさんアップされているので、それらを見ながら自宅でトレーニングする人も多いと思います。

ですが、もしあなたが運動初心者さんの場合、自己流でトレーニングするのはあまりオススメしません。

自己流の筋トレの問題点

自己流の筋トレをしてもなかなか上手くいかない理由は3つあります。

1.正しく出来ているかどうかの判断ができない。

運動初心者の女性が書籍やネット動画で筋トレのやり方を真似てみても、実際に自分がそれを正しく出来ているかどうかの判断ができないんです。

筋トレといってもひとつひとつの種目に沢山のポイントや注意点があります。

スマホの小さい画面や、本や雑誌に載っているトレーニングの写真を見ながら行っても

「これで合ってるのかな?」

と疑問に思ったことはありませんか?

やはり自分ひとりでは正しく出来ているかの判断ができないし、効果の実感が得られないとモチベーションを保つのも難しいです。

2.間違ったフォームで行うとカラダを痛める事もある。

筋トレは正しいフォーム、動きで行う事が最も大切です。

ここ最近はバーベルやダンベルなどを使ってトレーニングする女性も多いですが重りを持ってトレーニングする場合、間違ったフォームで行うと膝や腰に負担がかかり痛めてしまう可能性もあります。

安全にボディメイク、ダイエットする為にも筋トレは正しいフォームで行う事がとても重要です。

3. バランスの悪いスタイルになってしまう事も…

間違ったフォームで筋トレをするとつけたいところの筋肉は付かず、付けたくない所に筋肉がついてしまいバランスの悪いスタイルになる可能性もあります。

例えばスクワットという種目をご存知でしょうか?

スクワットは上手に行えば、たるみやすい内ももや、太ももの後の引き締めとヒップアップに効果的な種目です。
ですが膝の向きや骨盤の向きが悪いと反対に、太ももの外側やふくらはぎに筋肉がついてしまい脚が太く見えるスタイルになってしまいます。

あなたは男性のようにムキムキになりたいわけではありませんよね?

引き締まったメリハリのあるカラダをつくりたいなら、筋肉を付けるところ、付けたくないところしっかりと分けてトレーニングできるようにならないといけません。

それでも自己流でするなら徹底的にフォームにこだわろう。

自己流でトレーニングする事にネガティブな事ばかり書いてしまいましたが、運動を始めるというのは素晴らしい事です。

ですが自己流で取り組むなら、フォームに徹底的にこだわったり、トレーニングについてしっかり勉強する事が必要です。

YouTubeやインスタなどの無料の情報もいいですが、少しお金をかけてちゃんとした書籍やDVDなどからも勉強する事をおすすめします。

ただ、ご自身で試行錯誤しないといけないので多少の回り道をしてしまうこともありますが、その場合は結果を焦らず続けていくことが大事です。

もっとも効率が良いのは出来る人に教わる事。

最後に、最も効率的にトレーニングの効果を出したいならやはり直接教わることです。

例えば、まったく料理経験のない人がクックパッドを見て四苦八苦しながら料理の勉強をするより、料理教室に通って教わった方が早く上達しますよね。

ダイエット・ボディメイクの筋トレも同じです。

私のお客様のほとんどが運動初心者の女性で、年齢は40代~70代の方までおられます。

そんな方々が筋トレを継続できて身体が変わり、運動が好きになるまでになるのはちゃんと正しい方法を実践したから。

パーソナルトレーニングってアスリートや芸能人、運動経験豊富な方が受けるものではないんです。

運動初心者さんほど最初は特にパーソナルトレーニングで手取り足取り教わった方が安全で結果が出るのも早いですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエット専門パーソナルトレーナー
赤木 創 (あかぎはじめ)
指導歴10年以上、のべ5000人以上のカラダのつくりをサポート。エステやサプリメントなどあらゆる方法を試したけれど変化のでない女性に対して、世の中の情報に惑わされないカラダのしくみに沿った栄養アドバイスと女性でも取り組める筋トレ指導で多くの女性の悩みを解決している。
→詳しいプロフィールはコチラ

赤木創

たった週に1回60分トレーニング
キュッ!と締まったくびれを手に入れる
大阪ダイエット・お腹引き締め専門
パーソナルトレーニングはコチラ
↓↓↓