痩せないのは代謝の低下?代謝が落ちる原因とは?

こんにちは

大阪の守口市、茨木市、吹田市、枚方市でダイエット・お腹痩せのパーソナルトレーニングを提供している赤木です。

代謝って言葉よく聞きますよね。

「私は代謝が悪いからなかなか痩せにくい。」

「年々、代謝が落ちてきて太りやすくなってきた。」

40代以降の女性ならこういったお悩みがあるのではないでしょうか。

今日は代謝とは何か?代謝を上げるには?についてお伝えします。

代謝とは物質を化学変化させて別の物質に変えること。

食べた食事や蓄えられている体脂肪から、生きる為のエネルギーに変えることです。

これをエネルギー代謝といいます。

私たちは食べた食事がそのままエネルギーになるのではなく食べ物を消化して細かく小さくして吸収し、それらを体内で化学反応を起こしてエネルギーに変換しています。

何気なく食べている食事でも、体内では複雑な化学反応がおこなわれているからこそ毎日、心臓が動き、肺が動き、脳が働き、身体が動き生きていられんですね。

気になるお腹のお肉を落としたいなら体脂肪を代謝させエネルギーに変えないといけません。

そこで大事なのが脂肪を代謝させるには化学反応を起こす為の物質が必要だということです。

代謝を上げる為に必要な栄養とは?

化学反応を起こす為の物質が不足していると、運動をしても体脂肪がなかなか減らない、食べたものが消費されず脂肪となって蓄えられてしまう事になるんです。

化学反応を起こす為の物質とは『酵素-こうそ』、『補酵素-ほこうそ』といいます。

聞き慣れない名前ですが、酵素、補酵素とは何かというと

酵素→たんぱく質

補酵素→ビタミン・ミネラル

のこと。(これならよく聞きますよね。)

代謝を上げるにも、脂肪を燃やす為にも、たんぱく質とビタミン・ミネラルがたくさん必要という事です。

ダイエットの為にはただ食事制限をするのではなく、必要な栄養をちゃんと摂らないといけないということなんです。

痩せたかったらちゃんと食べること。

ここまでの話を簡単に言うなら、お肉も卵もご飯も野菜もちゃんとバランスよく食べましょうということ。

お客様にはカロリーばかり気にしても痩せない、ちゃんとバランスよく食べないと脂肪は燃えないといつもお伝えしています。

ダイエットとなると何か極端な事したり、偏ったことしたりと特別な事をしてしまいますがそうではないんです。

カロリーを減らしているがお菓子やジュースばかりの人、栄養のない春雨ニードルやカロリーオフ食品ばかり食べる人、キャベツ、もやしでお腹を満たしている人などは栄養不足だから脂肪が燃えないんです。

さらに栄養不足が続くと身体にも不調も出る。

間違った食事制限→痩せない・体調不良→ダイエットを諦めてしまう。

こういった悪循環にもなってしまいます。

何度も言いますが代謝を良くしたいならちゃんと食べることが大事です。

そしてもし、あなたが座りがちのライフスタイルならエネルギーを消費する筋肉をちゃんと動かしましょう。

年々太りやすくなるのは座りすぎ、筋肉の衰えもありますよ。

キレイに痩せるダイエットは食事制限ではなく食事改善と運動です。

この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエット専門パーソナルトレーナー
赤木 創 (あかぎはじめ)
指導歴10年以上、のべ5000人以上のカラダのつくりをサポート。エステやサプリメントなどあらゆる方法を試したけれど変化のでない女性に対して、世の中の情報に惑わされないカラダのしくみに沿った栄養アドバイスと女性でも取り組める筋トレ指導で多くの女性の悩みを解決している。
→詳しいプロフィールはコチラ

赤木創

たった週に1回60分トレーニング
キュッ!と締まったくびれを手に入れる
大阪ダイエット・お腹引き締め専門
パーソナルトレーニングはコチラ
↓↓↓