腹筋をしても脂肪がおちない理由。

こんにちは。

大阪のダイエット専門パーソナルトレーナー
赤木創です。

 

お腹やウエスト周りの脂肪をなんとかしたい!と思った時ほとんどの方が腹筋運動に取り組むのではないでしょうか?

ジムでトレーニングする女性の方をみていると筋トレは嫌い・苦手でも腹筋運動やウエストをひねる運動だけは欠かさないという方も多くいらっしゃいます。

しかし、いくら腹筋をしても目に見えてお腹の脂肪って落ちてはくれませんよね?

 

私も以前

「腹筋をいつも300回はしているんだけど、全然脂肪が落ちない」

と相談を受けたことがあります。

 

これを読んでいるあなただったらどう思いますか?

回数が足りない?フォームが悪い?

 

答えは単純です。

 

そもそも腹筋運動はお腹の脂肪を落とす運動ではない

という事。

 

ほとんどの方が勘違いしているのですが、筋トレした部分=その部分の脂肪が落ちると思っている事。

二の腕や内太もものトレーニングも同様ですよ。

いくらその部分だけをトレーニングしても脂肪は落ちません。

気になる脂肪はどうやったら落ちるのか?

それは食事で摂るエネルギー以上に沢山のエネルギーを消費する事です。

 

・・・ここまで読んで当たり前すぎてガッカリしまいたか?

 

ここからもう少し詳しく解説していきますのでお腹を引き締めたい方は続きを読み進めて下さい。

お腹を引き締めるのに最も効率的なのはバーベルを使った筋トレ!

沢山のエネルギーを消費する事が体脂肪を落とす上で大事なことです。

「でも腹筋運動も運動なんだからエネルギーを消費しているのでは?」

と疑問が浮かぶかと思いますが、腹筋運動やウエストをひねる運動が効率的ではない理由はこれらの運動ではエネルギーはあまり消費できないからです。

例えば軽自動車とダンプカーをだったらダンプカーの方が動かすのに、沢山のガソリン(エネルギー)が必要ですよね?

理由はエンジンが大きいからです。

腹筋運動はカラダ全体を見れば動かしている部分は少なく、また筋肉も小さいため、軽自動車のような小さいエンジンを動かしているようなものなんです。

車だったら燃費が良いから嬉しいですが、脂肪を落とすとなると非効率的ですよね。

私がお腹の引き締めの為に最もおススメするのはバーベルやダンベルを使った筋トレです。

パーソナルトレーニングでもバーベルを中心にトレーニングを進めています。

ジムには沢山のマシンがあるなか、なぜバーベルなのかというと一度に沢山の大きな筋肉を動かす事のできるトレーニングだからです。

ダンプカーを数台走らせてエネルギーを消費するのと同じ事。

だから脂肪も燃えやすいしカラダ全体が引き締まります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエット専門パーソナルトレーナー
赤木 創 (あかぎはじめ)
指導歴10年以上、のべ5000人以上のカラダのつくりをサポート。エステやサプリメントなどあらゆる方法を試したけれど変化のでない女性に対して、世の中の情報に惑わされないカラダのしくみに沿った栄養アドバイスと女性でも取り組める筋トレ指導で多くの女性の悩みを解決している。
→詳しいプロフィールはコチラ

赤木創