ウォーキングだけでは引き締まったカラダはつくれない。

こんには

くびれ・美尻をつくる
ダイエット専門
パーソナルトレーナー
赤木です。

スポーツクラブを見渡していると、
一番人気なのがウォーキングマシンです。

「歩く」という運動は気軽に出来ますし、
初心者の方から年齢問わず始めることが出来るのが
良いところではありますね。

ただ、あなたがダイエット、いわゆる体重を落とすため
ひきしまったカラダを作るために運動していて、

  • ウォーキングしかしていない。
  • ウォーキングなどの有酸素運動ばかり頑張っている。

以上に当てはまるなら、上手くいかない可能性があります。

有酸素運動に過度の期待は禁物!

例えば体重50kgの女性が5kmの距離をウォーキングしたとします。

時間にして45分~60分くらいでしょうか。

この時に消費されるカロリーは約130kcal程度。

その内の半分は糖質、半分は体脂肪から燃焼されるとして
消費された体脂肪はたった8gくらいなんです。

ちょっとガッカリしませんか?

もちろんやらないよりはマシとは言えますが、
体脂肪というのは、その昔に食料が十分に無かった時代
飢餓にそなえてエネルギーを蓄えておくために出来た
私たちの身体のシステムです。

少々、運動したくらいでは簡単に脂肪は落ちてはくれません。

体脂肪を落とすためにはまず食事の改善が絶対に必要です。

長時間かけて、たくさん汗をかけば充実感、達成感はありますが
その後、食事を疎かにしてしまうとせっかくの努力も台無しになってしまいます。

もう一度強調しておきますが、ダイエットは食事の改善がまず重要。
その上で運動を取り入れていくようにして下さい。

運動するなら筋トレを始めよう!

運動するなら私は筋トレをおすすめしています。

筋トレをするとその後、一日中代謝が高い状態が続きますし
筋肉の量が増えればまたさらに基礎代謝が上がります。

代謝が高まることによって運動以外の時間でも
消費するカロリーが上がります。

脂肪が燃えやすい、太りにくい身体をつくるという事ですね。

 

何度も言いますが食事改善をした上での話ですよ。

筋トレさえすれば、加圧トレーニングさえすればOK
なんてことは私は言いません。

 

有酸素運動でも同じ運動なんだから良いのでは?

と思われがちですが、有酸素運動では基礎代謝は上がりません。
運動している時のみエネルギーを消費します。

また、有酸素運動のやりすぎは筋肉量の低下に繋がる可能性もあります。
筋肉が落ちてしまえば基礎代謝は低下するので逆効果ですよね?

キレイな身体をつくる為、ダイエットするなら
ウォーキングなどの有酸素運動ばかりするのではなく

食事改善と筋トレです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

赤木創の公式ダイエット・健康情報
メルマガ「憧れボディのつくり方」

ダイエットや健康・美容をテーマにしたここでしか書かないメルマガを無料配信中!
是非、ご登録下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエット専門パーソナルトレーナー
赤木 創 (あかぎはじめ)
指導歴10年以上、のべ5000人以上のカラダのつくりをサポート。エステやサプリメントなどあらゆる方法を試したけれど変化のでない女性に対して、世の中の情報に惑わされないカラダのしくみに沿った栄養アドバイスと女性でも取り組める筋トレ指導で多くの女性の悩みを解決している。
→詳しいプロフィールはコチラ

赤木創