夜遅くに食べると太るのは本当?

こんにちは

大阪ダイエット専門
パーソナルトレーナー赤木です。

よくダイエットの情報なんかで

「夜遅くに食べると太る。」

だから夕飯は〇〇時までに済ませましょう。といった事がよく言われていますよね。

しかし、それは本当でしょうか?

むしろ夜遅いからという理由で夕食を抜いたり、ちゃんとしたものを食べていない方がダイエット的には良くないんですよ。

夕食は重要な役割がある。

夜遅くに食べると太る、と言われている理由の1つは

「夜は寝るだけだから、食べた分は脂肪になるだけ。」

と言われているからですよね。

トレーナーさんの中でも夜は寝るだけだから糖質はいらない、と言っている人もいるみたいです。

しかし、寝るだけだとしても私たちは何もしていなくてもエネルギーは使っています。

寝ていても脳は糖質を必要としています。

睡眠時は、知識や情報を処理していると言われていますよね。
意識がないだけで頭は働いているんですよ。

また寝ている時も呼吸はしていますし、当然心臓も動いています。
筋肉も動いていなくてもエネルギーを消費しています。

お肌の修復や再生も寝ている間におこなわれます。

これは女性の方には重要ですよね。

お肌だけでなく身体のあらゆる細胞も修復されるので、1日の疲労の回復も夕食で栄養を摂っておかないと行われません。

寝るだけだからといって食事がいらないわけではないんですね。

もちろん夕食をキッチリ食べたのにも関わらず、また夜遅くに何か食べるのは太る原因です。

でもそれは夜遅いからではなく単に食べすぎなだけです。

夜遅くなくても食事以外にたくさん食べ過ぎれば太ります。

夜は寝るだけだったとしても必要な栄養はとっておかないといけません。

夕食を抜けば太りやすくなる?

例えば仕事が遅くなってしまって夕食を食べる時間がなかった場合、夜遅いからといって何も食べないとどうなるか?

寝ていても脳や心臓など働きますのでエネルギーを必要とします。
栄養不足の場合、筋肉と脂肪を分解して必要なエネルギーを作り出すんですね。

体脂肪が使われるのはいいのですが、問題なのが同時に筋肉も落ちてしまうんです。

筋肉が落ちれば当然、基礎代謝も下がるので太りやすくなります。

また、お肌の修復や疲労の回復も栄養不足では行われないので朝起きてもスッキリとはいかないんですね。

結局は食事内容と量が大事

結局は時間よりは食事の内容と量が1番大事です。

過去、ダイエット指導した方で夕食をまったく食べていない。という方もたくさんいましたがそれでも痩せないという方も多かったです。

しかも、ほとんどの方は何かしらの体調不良を抱えていました。

夜、何も食べなくてもその他の食事が悪ければ太りますし痩せません。

逆に食事が夜遅くなっても適切な栄養と量なら体調もよくなるし、ダイエットも可能です。

これまで夜食べていなかった方もちゃんと3食食べてダイエットできていますよ。

しかも爪が強くなったり、肌荒れが治ったり、原因不明の頭痛が改善したり、うれしいおまけ付き。

まとめ

  • 夜遅くに食べると太ると言われているのは、夕食後にお菓子などを食べる人が多いから。
  • お菓子やジュースなどは何時であっても摂り過ぎれば太ります。
  • 反対に夜遅くなっても適切な栄養は摂った方が良い。

健康・美容の為にもちゃんと食べて痩せましょうね。

ダイエット、栄養についてご相談がありましたお問い合わせ下さい。

赤木創の公式ダイエット・健康情報
メルマガ「憧れボディのつくり方」

ダイエットや健康・美容をテーマにしたここでしか書かないメルマガを無料配信中!
是非、ご登録下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエット専門パーソナルトレーナー
赤木 創 (あかぎはじめ)
指導歴10年以上、のべ5000人以上のカラダのつくりをサポート。エステやサプリメントなどあらゆる方法を試したけれど変化のでない女性に対して、世の中の情報に惑わされないカラダのしくみに沿った栄養アドバイスと女性でも取り組める筋トレ指導で多くの女性の悩みを解決している。
→詳しいプロフィールはコチラ

赤木創