『痩せた』より『キレイになった』の方が嬉しくないですか?

こんにちは。

食べて痩せる!
ダイエット・お腹ひきしめ専門
パーソナルトレーナー赤木です。

いつもトレーニングに来て頂いている
お客様の話なんですが

ここ最近、ご家族の方に

「立ってるシルエットがキレイになってきたね!」

と言われるようになったそうです。

 

久しぶりに会う友達や親戚の人って

小さな変化でも気づいてくれる事
ありますよね。

ちょっと髪切った?

とか

少し痩せた?太った?

とかですね。

反対にご家族の方って
いつも家で顔を合わすので
変化になかなか気付いてくれない事
って多くないですか?

 

こちらのお客様、
ダイエットの成果としては
毎月コンスタントに
体脂肪を落としっていってるのですが

照れ隠しなのか、気付いてないのか
最初はご家族の方もなかなか
褒めてはくれなかったそうです。

それが最近

シルエットがキレイと言われるまでに!

何より嬉しかったのが

「痩せたね。」

よりも

「キレイになったね。」

と言われた事だそうです。

痩せる事だったら食事を抜いたりすれば
一時的にでも出来る事かもしれませんが

「キレイになったね。」

と言われるようになるには
その場しのぎの方法では出来ません。

体重だけでなく
女性らしいシルエットには
姿勢や適度な筋肉も大事。

ちゃんとトレーニングを取り入れて
継続してきた結果ですね。

実際に私も指導しながら
トレーニング中の立ち姿なんて
もう別人だなぁ〜、って思ってました。

痩せる事も大事ですが、
キレイになったと言われる方が
嬉しくないですか?

あなたのダイエットの目的はどちらでしょう?

 

キレイになる為なら

ちゃんと運動と正しく食べるダイエットをして下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

ダイエット専門パーソナルトレーナー
赤木 創 (あかぎはじめ)
指導歴10年以上、のべ5000人以上のカラダのつくりをサポート。エステやサプリメントなどあらゆる方法を試したけれど変化のでない女性に対して、世の中の情報に惑わされないカラダのしくみに沿った栄養アドバイスと女性でも取り組める筋トレ指導で多くの女性の悩みを解決している。
→詳しいプロフィールはコチラ

赤木創